自動車(四輪)の中型運転免許とは

「中型免許(普通免許)」に位置づけられているのは、大型自動車、大型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車以外の自動車です。

自動車(四輪)の中型運転免許とは

自動車(四輪)の中型運転免許とは。

運転免許証のうち自動車で「中型免許(普通免許)」に位置づけられているのは、大型自動車、大型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車以外の自動車です。

中型のプロポーションというか、定義にあたるものは「車両総重量が5,000kg超で11,000kg未満の車体」、「3,000kg超、6,500kg未満の最大積載量」、さらに「11人以上29人未満の乗車定員」という3点になります。

これに対して「大型自動車免許(大型免許)」は、大型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車、小型特殊自動車以外の自動車で、「車両総重量は11,000kg超」、「最大積載量は6,500kg超」、「乗車定員は30人以上」という3条件のいずれかに該当する乗用車を指します。

バイク(二輪)の中型運転免許とは。

バイクの運転免許で中型というと、「普通自動二輪免許」と呼ばれるもので、この定義は、エンジンの総排気量が50ccを超え400cc未満の二輪車であること。

バイク単体での使用も可能な一輪駆動のサイドカー付バイクもこれに含まれるようです。

これに対して「大型自動二輪免許」は、エンジンの総排気量400cc超の二輪車で、中型同様にサイドカーも含まれます。

ただし二輪駆動のサイドカーを運転するには普通自動車免許が必須。

一輪駆動を超えてしまうと自動車扱いになります。

また中型・大型のさらに上位車両にあたる「大型特殊自動免許」というのもあります。

これはキャタピラ式や装輪式など特殊な構造をもつ車(無限軌道)で、もちろん乗用車のように人を乗せて運ぶことを主目的にしない特殊車両です。

フォークリフト、クレーン、高所作業車です。

小型二輪免許(限定免許)は、エンジンの総排気量50cc超・125cc未満のバイクで、原付免許とはエンジンの総排気量が50cc未満のバイク。

三輪で輪距が500mm未満の車両も含まれます。

総排気量20cc未満の三輪以上の車両も小型二輪限定に含まれます。

小型特殊免許というのもあります。

最高速度15km/h未満のもので、長さ4.7m×幅1.70m×高さ2.80m未満の車両です。

デビューして10年も経っていない中型運転免許。

ところで中型免許は、平成19年6月から道路交通法が改正されたことによって生まれた免許証で、“車両総重量5トン以上で11トン未満の車が中型自動車”と定義づけされたことを受けたものです。

改正前の普通免許をもっている人はいないと思いますが、当時、普通免許の人が免許を更新すると、免許の種類は「中型」と変更され、 免許条件欄に「中型車は中型車(8t)に限る」と表記されたそうです。

改めて整理をすると、第一種免許には9種類があって、1. 大型自動車免許(大型免許)、2. 中型自動車免許(中型免許)、3. 普通自動車免許(普通免許)、4. 大型特殊自動車免許(大型特殊免許)、5. 大型自動二輪車免許(大型二輪免許)、6. 普通自動二輪車免許(普通二輪免許)、7. 小型特殊自動車免許(小型特殊免許)、8. 原動機付自転車免許(原付免許)、9. けん引免許となっています。

第二種免許には5種類があって、1. 大型自動車第二種免許(大型第二種免許)、2. 中型自動車第二種免許(中型第二種免許)、3. 普通自動車第二種免許(普通第二種免許)、4. 大型特殊自動車第二種免許(大型特殊第二種免許)、5. けん引第二種免許となっています。

仮免許には、1. 大型自動車仮免許(大型仮免許)、2. 中型自動車仮免許(中型仮免許)、3. 普通自動車仮免許(普通仮免許)があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加