住民票を移したとき運転免許の変更は?

転出・転入にともなう住民票と運転免許証の住所は関係ありませんが、住民票移動があったときは免許証の書き換えとセットで捉えるようにしましょう。

住民票を移したとき運転免許の変更は?

住民票を移したとき運転免許の変更は?運転免許更新のときに限らず、たとえば運転免許証の記載事項に変更が生じたときでも、住民票さえ移しておけば免許証の住所変更手続は行わなくてもいいのかというような疑問が生じます。

たとえば引越しにともなって役所には転出・転入届を出して住民票を移したけれども、運転免許証の住所変更は行わなくてもいいのでしょうか。

運転免許の住所変更手続き「正式名称:運転免許証記載事項変更届」と住民票の転入届の手続きは別々なので非常に面倒だといった意見もあります。

どのように考えれば良いのかを整理してみましょう。

運転免許と住民票はそもそも関係ない!?まず転出・転入にともなう住民票と運転免許証の住所は関係ありません。

たとえば住民票を移したからといって、そのことが運転免許センター等に通知されるわけではありません。

運転免許証の住所変更をする場合は、“運転免許に記載されている住所が変更になったことを証明するために新たな住民票が必要である”というだけに過ぎません。

住民票の他にも、身分証明や照合書類となり健康保険証、郵便物(消印付)、公共料金の支払いを示す領収書などが必要になります。

運転免許証の変更届に有効期間や締め切りまでの期限などはありませんから、住所変更手続きを行わなくても、車の運転はそのまま継続できます。

運転免許を変更していない場合の不便。

ただし住民票が新しくなったのに、運転免許証記載事項変更届を済まさないでいるとこんな不便な不都合があります。

まず、更新連絡書(ハガキ)は、運転免許証記載の住所地に送付されますから、以前の住所に受け取り手がいない場合は、宛名不明のまま戻ってしまう場合があります。

ただし移転にともなって、郵便局に転居届を出していれば郵便物のすべては最長で2年間は移転先に転送されます。

最低でもそのようにしておく必要がありそうです。

ただしこの場合でも、本人の受領印やサインが必要な郵便物は転送されませんのでご注意ください。

もう1つの不便・不都合は、現住所を証明するツールとして使用できないということです。

住民票より先に運転免許の更新手続きも~。

このように運転免許と住民票は直接的な関係はありませんが、車を運転する人なら運転免許はつねに携帯しているものですから、身分証明に使えれば便利です。

できるだけ速やかに住所変更手続きを済ませるようにおすすめします。

運転免許は住民票を移さず運転免許証の住所変更手続きだけを行うことも可能です。

たとえば、大阪から東京に移転したけれどもスケジュールがあわなくて住民票は移せなかった場合でも、新住所を証明する健康保険証、郵便物(消印付)などがあれば警察署・運転免許センターで受け付けてくれます。

住民票はそのままでも、運転免許証の記載事項だけを変更することができます。

運転免許の住所更新に必要な書類。

住所変更に必要となりものは、「免許証」と「住民票」の2点です。

住民票はコピー不可なので原本をそのまま提出してください。

身分証明書となる新住所の健康保険証、消印付きの郵便物、公共料金の領収証なども必要になります。

外国人の方は「在留カード」、または「特別永住者証明書」が必須です。

代理人申請も可能です。

申請者と代理人が併記された住民票の写しが必要です。

続柄の記載は不要です。

代理人本人を確認するための書類として、運転免許証、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カードなどがあれば確認書類として使えます。

通常の運転免許の更新や免許期限切れにともなう届出とは違いますので、免許用写真や特別な審査などはありません。

更新手数料もかかりませんので住民票移動があったときは免許証の書き換えとセットで捉えるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加