合宿免許に必要ないものについて

合宿免許に持っていくのにふさわしくないのは?

合宿免許に必要ないものについて

合宿免許は短期間で集中して運転免許を取得できるシステムで、通いながら免許を取得するよりは効率よく運転免許を取得することができます。

たとえば社会人になてから教習所に通学する場合、仕事の都合で予約していた講義が受けられなかったり、実技カリキュラムをキャンセルしたりするなど、なかなかスムーズにスケジュールをこなすことができません。

その点合宿免許なら、何かの予定が急に入るということがないので、基本的にキャンセルなどがなく、また学科試験なども効率よく覚えるというメリットがあります。

合宿免許はその教習所での多少の差はありますが、一般的に約2週間程度の期間で運転免許が取得できると言われています。

最近では旅行気分で出かけられる、温泉宿に泊まったりリゾート地で空き時間にレクリェーションを楽しんだりする、という宿泊施設も人気があります。

合宿免許にこれは必要ない、というものとしては旅行とは違うので、フォーマルな洋服やハイヒール、華美なアクセサリーは必要ないと思います。

運転しやすい服装が基本になっているので、動きやすい服装、スニーカーなどの運転しやすい履物が必要になります。

ハイヒールはアクセルやブレーキペダルを踏む時に邪魔になってしまいますね。

合宿免許の費用の中には教習料金のほかに食費を含む宿泊費用が含まれているので、飲食品はもつていく必要がありません。

お菓子やスイーツなど嗜好品としての程度なら大丈夫だと思います。

【気になる記事】交通安全対策|政策統括官(共生社会政策担当) - 内閣府

このエントリーをはてなブックマークに追加